緊急連絡先

代表メッセージ

鳥取ガスグループ代表 児嶋太一
鳥取ガスグループ代表
児嶋 太一

鳥取ガスグループは、全国でもまれな市民運動により誕生し1918年の創業以来、90年余りの長きにわたり、都市ガス・LPガスの安定的な供給を中心に、お客さまのお役に立ち続けることを使命として、事業を営んでまいりました。

しかし、その道のりは決して平坦なものではなく、1943年の鳥取大震災、さらには1952年の鳥取大火と、どちらもお客さまの半数近くを失う壊滅的な被害をうけ、さらに二度にわたる世界大戦や石油危機など、幾多の困難を乗り越えて地域のみなさまと共に歩んでまいりました。

一方で、昨今の先行き不透明な経済情勢、エネルギー価格の変動、低炭素社会実現に向けた動きに加え、東日本大震災によって、地球温曖化対策を中心としたエネルギー・環境政策がさまざまな影響を受けることが予想されるなど、当社グループを取り巻く事業環境は大きく変化し、そのスピードも加速する傾向にあります。

しかし、経済環境がどれほど変化しようともグループの使命は変わりません。

私たちは、こうした決意に思いを込め、お客さま本位の精神のもと、創業理念を忘れず、お客さまとの信頼関係を揺るぎないものとし、持続可能な社会構築の先導役として事業活動を進めてまいります。

2018年、鳥取ガスグループは創立100周年を迎えます。

私たちは、新たな世紀においても、常にお客さまの期待を上回る商品やサービスをお届けし、お客さまの暮らしに無くてはならない企業グループであることを目指して、たゆまぬ挑戦を続けてまいります。

今後とも、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。