緊急連絡先

食育

食育活動「エコ・クッキング教室」

2003年より環境学習の一環として「エコ・クッキング教室」を開催しています。難しいと思われがちな環境問題を、一番身近な食を通しておもしろく、楽しく体験します。また手作りの食事の大切さを認識してもらうことで、子ども達の健全な成長をバックアップします。

※「エコ・クッキング」は東京ガス(株)の登録商標です

授業のすすめ方

1. あいさつ 趣旨、目的を説明。
2. レクチャー

今と未来の環境について、私たちが何をしなくてはならないのか一緒に勉強します。

  • 買い物 買い物袋について、食材選びについて(「旬」について)
  • つくる 野菜を無駄なく使う、エネルギーの上手な使い方
  • 食 事 残さず食べる方法
  • 片付け 水を汚さない片付け法、チラシで作った生ゴミいれ紹介
3. 調理実習 みんなで力を合わせて作ります。
4. 食事 自分達で作った料理をおいしくいただきます。
5. 片付け お皿を洗うのも、なるべく水を汚さないよう工夫して片付けます。
6. まとめ 食べ物やエネルギーを大切にすること、水を汚さないこと、ゴミを減らすこと、おいしい料理を作ることをパネル等を使って説明、学習した内容を再確認します。

地球を守るために必要なのは、一人ひとりのちょっとした気遣いや心がけです。鳥取ガスグループでは、エネルギーの無駄をなくし、温暖化ガスの削減に努めて様々な活動に取り組んでいます。

食育活動「キッズクッキングクラブ」

鳥取ガスグループでは、子どもたちに「食」の大切さ、作る楽しさ、食べる喜び、そして作る人への感謝の気持ちを伝えようという願いをこめて「キッズクッキングクラブ 〜はじめの一歩〜」を毎月開催しております。

わたしたちの想い

近年子どもたちを取り巻く「食」の環境は激変し、偏食による生活習慣病や「キレる」など、心の問題にも「食」は非常に大きな影響を与えていることがわかってきました。しかし大人たちは危険なこと、面倒なことを遠ざけて子どもたちに安全なことばかりさせています。

子どもたちに「食」を通じて様々なことを学んでほしい、親子で「食」を見直すきっかけのお手伝いができたらと鳥取ガスグループは2002年から「キッズクッキングクラブ〜はじめの一歩〜」を開催しています。
火の教育、正しい包丁の使い方、五感を使った調理、食事のマナー、片付け、保護者同士の交流といった要素を取り入れ、子どもたちだけですべて調理します。
子どもたちは真剣に調理に取り組みます。すべてやり終えた子供たちの表情は輝き、誇らしさに満ちています。キッズクッキングでの様子を帰ってから家族に自慢げに話す姿が目に浮かびます。 「食育」とは難しいことではありません。日々、一緒に調理し、楽しく食卓を囲むこと。それだけでも十分なのです。

延べ500人以上の子どもたちが参加してくれました。 鳥取ガスグループの専属料理講師を筆頭に、キッズクッキングクラブのスタッフは皆、子育て真最中のパワフルマザーばかり。 楽しく、安全な運営を心がけて強力に子どもたちのサポートをします。 また、子どもたちには食材の本来の味を知ってもらうために、できるだけ本物を、そして地元産のものにもこだわっています。